日本の国石である翡翠の価値

日本の国石である翡翠の価値 翡翠は日本では古くから魔除けという意味で大切に使われてきた石で、硬玉と軟玉の2種類があります。
硬玉は翡翠輝石を50パーセント以上含まれているもので、石の中の結晶の繊維が直角に交差しています。一方軟玉の方は翡翠輝石は含まれていなくて、主成分はトレモライトで、手に持つと硬玉より軽く感じます。色のは緑を思い浮かべる人は多いと思いますが、赤や白、オレンジ等色々有ります。
産地はミャンマーのものが多く、ミャンマーのものはその品質を決める翡翠輝石の含有量率がとても高く、発色や透明度も最高級です。中でも最高級の価値があるものは緑色ですが、「琅かん」という名で呼ばれている濃いエメラルドグリーンをした石です。特に緑で透明度が高くて鮮やかなものはインペリアル・ジェードと呼ばれ価値が高くなっています。
良い石の選び方は透明度の高いものを選ぶことです。それを選ぶにはペンライトを横から当てて光が浸透するものを探しましょう。
当たり前ですが、鑑定書があるものが確かで安心です。

使わなくなった翡翠のアクセサリーを処分したいなら買取りサービス

使わなくなった翡翠のアクセサリーを処分したいなら買取りサービス 要らなくなった翡翠のアクセサリーがあるときは、買取り店に持ち込む事をおすすめします。翡翠の宅配買取りを行っているお店もあるので、近所に持ち込める場所が無い人も安心です。
サイトを運営しているお店もいくつかあるので、どこに持ち込めばよいか分からない人もすぐ高額で売る事ができる場所を発見できます。
メールやチャットを使って利用に関する質問ができるところもあるため、初めて翡翠を売るという人も利用しやすいサービスです。

翡翠以外の宝石にも対応しているお店であれば、使わないアクセサリーをまとめて処分できるというメリットがあります。
アクセサリーが壊れていても対応してくれるところが存在するので、状態が悪いから売れるか分からないという人も持ち込でみると良いです。
スタッフが自分たちの利益より客の事を考えているかという点も、利用するときに重要なポイントの一つです。
査定後に宝石の売却を強制しようとするお店は信頼できないので、価格に納得できないなら断っても良いと言ってくれるところを事前に探してください。